空室対策の効果的なやり方|設備投資をして建物の魅力をアップ

男の人

家賃保証で経営を安定化

インテリア

厳しさを増す賃貸経営で創意工夫したいのが、経営の安定化です。サブリースを活用することで家賃保証や家賃滞納保証というメリットがあります。サブリースの運用テクニックとして、賃料免責期間を知ってそのリスクを回避することができます。不動産会社との交渉で、賃料免責期間は内容を変更も可能です。

Read More

魅力的な利点の多い投資

建物

マンション投資は物件の管理が大変そうとの印象がありますが、管理業務を専門に行っている管理会社に管理を委託すれば労力を必要とせずに利益を得ることが出来ます。そして、マンション投資には所得税や相続税に対しての節税効果もありますので、長期間税金を抑えながら同時に利益を得ることが出来ます。

Read More

ASSOCIATED LINK

  • 賃貸経営まるわかりガイド

    管理者にとっては空室対策の方法を知りたいと思うでしょう。それならこちらのサイトが是非参考になるのでチェック!

これからの空室対策

内観

これからの不動産投資では、空室対策が深刻な問題となるでしょう。空室を気にしなくてもいいエリアはほんの一握りです。その他の物件は殆どが、空室というリスクを抱えた不動産投資を続けることになります。その対策の一つして考えたいのが、家賃保証です。

Read More

入居者を集めるための投資

部屋

投資による魅力アップ

アパート経営やマンション経営などを行う場合には、空室対策をあらかじめ検討しておくことが重要です。不動産物件を経営していくにあたって、空室が発生することはやむを得ませんが、いかにして空室を早く解消するかが重要になります。空室対策として人気があるのが、リフォームや設備整備などによって物件の魅力自体を高めることです。年数の経過とともに周辺の物件と比べて見劣りする可能性がありますので、空室対策として投資を行うことで、入居者を集めることができます。最近の傾向としては、多少家賃が高くても設備が調っている物件を選択する人が増えていますので、空室対策として設備投資を行うことは大きな魅力アップの効果が期待できるのです。

収益性を確保

不動産経営を行う上では、ある程度の利回りが確保されなければ意味がありません。投資である以上、リターンは必須になります。空室対策として、あまりに多額の経費をかけてしまうと、十分な投資回収をできなくなりますので、投資を行う場合には投資回収が重要なポイントになります。そのためには、収支のバランスを十分にチェックしたうえで投資を行うことが大切です。一般的には設備の耐用年数がありますので、耐用年数を超えたものから更新投資を行っていくことが重要です。また、新たな設備を導入する場合には、それに伴って家賃改定を行い、投資回収期間内に回収を終えることができるようにしなければなりません。必要な投資を行う場合には、十分な収益性の確保が大切です。