空室対策の効果的なやり方|設備投資をして建物の魅力をアップ

婦人

これからの空室対策

内観

どう家賃を確保するか

マンションやアパートの不動産投資の今後は、空室対策つまりいかに家賃を確保するかが大問題となるでしょう。貸すことによって収入を得るというのが、不動産投資です。借りる人がいないと成り立ちません。きちんと家賃を確保することが根本です。しかしそれも今後は、難しくなるのではといわれています。そんな現状の今、家賃保証を利用する貸主も増えています。ここでいう家賃保証とは、空室を気にせず一定収入を得られるというものです。さらに、管理を全て一任できるという気軽さも大きな魅力です。全てを一任しなくても自分でできる部分もあると考える貸主もいるでしょう。しかし何かと細かくなっている今の時代、管理という点ではプロに一任する方が安心です。そういう意味でも、家賃保証会社の利用を選ぶ人は増えているのです。

様々な保証を買う

もちろん一任するということは費用が掛かるということです。その点では、収支を考えるとあまり魅力を感じない場合もあるかもしれません。投資としてはそういう考え方もあるでしょう。しかし、デメリットのない投資などどこにもありませんし、一定収入を確保でき管理も一任できるというメリットを否定することはできません。多少の費用が掛かっても保証を買える方がいいと考える人も多いはずです。今の入居者が半年後も確実に入居しているという保証はどこにもありません。当然、家賃収入の保証もありません。それを保証してくれるのが、家賃保証なのです。よほどの人気エリアでない限り、空室というリスクは常に抱えたうえで不動産投資を続けることになります。入居者の方も、様々な物件を比較して、少しでも条件の良い物件に入居したいからです。これからの不動産投資は、今まで以上に競争なのです。そんな貸主の味方が、家賃保証といえます。会社によって費用や管理体制などに違いがありますので、よく調べて、より自分にとってメリットの高い利用ができるよう気を付けましょう。良く調べるというのは、どの投資でも同じことです。