空室対策の効果的なやり方|設備投資をして建物の魅力をアップ

婦人

家賃保証で経営を安定化

インテリア

面倒な管理も任せられる

国内の総人口の減少が進む中での賃貸経営は、厳しさを今後さらに増すと予測されています。そのような時代の中で、創意工夫によって賃貸経営の安定化を図ることは必然不可欠です。オーナーが出来る経営安定化の一手として、サブリースを活用する手段があります。サブリースはいわゆる不動産会社が間に入る転貸ですが、そのメリットとして空室保証と家賃滞納保証が付いてきます。空室保証は入居者が集まらなかった場合に賃料相当分の一定割合を保証してくれます。家賃滞納保証は入居者が家賃の支払いを出来なかった場合に、やはり賃料相当分の一定割合が保証されます。またサブリースを活用すると、賃貸管理の手間を減らせるという大きな利点があります。不動産会社に物件の管理を委託できるので、面倒な入居者募集や建物管理も不要です。

賃料免責期間の知識と運用

家賃保証や賃貸管理委託、入居者トラブルの処理など多くのメリットがあるサブリースですが、当然いいことばかりでなく、リスクも存在しています。サブリースで賃貸経営を行う場合は、それらリスクについて理解をして、そのリスクを回避していくことが重要です。リスクの1つとして心に留めておきたいのが、賃料免責期間の存在です。いわゆるフリーレントとも呼ばれるもので、不動産業者側がオーナーに賃料を支払わない期間のことです。この期間は入居者募集の期間を設けるためのもので、当然この期間の設定が長いとオーナーの収入は減ります。中には空室が出る度に賃料免責期間を設ける不動産会社もありますが、そういった不動産会社は回避するのが上手なサブリース運用のテクニックです。また賃料免責期間は交渉で短くできるので、物件の価値を判断して最初の契約時に業者と話し合うのも、交渉テクニックの1つです。